Next Sense Inc.

mail@nextsense.jp心理セラピストによる安心・安全なスピリチュアルセッション

My History~サイキック/心理学/フレームドラム/そしてセラピストへ


サイキック


高校に入った頃、私は自分が「見えないモノ」とコンタクト出来ることに気付きました。
直感は幼少時より鋭い方でいつも心は夢幻の世界に生きていたように思いますが、
厳しい親の元で育てられ、常に一番を取ることを暗黙の内に強制されていたため、
そんな能力があるとはとても言い出せませんでした。
思えば「チャネリング」「リーディング」などという言葉が、
まだ日本に入っていなかった時代です。
私自身、自分に何が起こっているのかわかりませんでした。

しかしこの能力はとても便利で、私はどこへ行くにも地図や時計を必要としませんでした。
なぜなら、みんな教えてもらえたからです。
新しい駅に降りても目的地へ行くにはどうしたらいいかを聞くと、右だの左だの・・・
待ち合わせをして相手がちょっと遅れた時もいつ来るか聞くと、その正確な時間とか・・・

そして私とコンタクトしていた「モノ」は名前を名乗り、此の世のことやあの世のこと、
宇宙は階層をなしていることや、愛が全てを統括していること等々、話してくれました。
まさに今、世の中に出回っている「チャネリング本」のような感じです。

やがて私の能力を聞きつけた友人から「見てもらいたい」と頼まれるようになりました。
将来のこと、恋愛のこと・・・
友人を通じて知らない人にも頼まれたりしました。
そうこうしているうちに、私の人生はがたがたと最悪の方向へ向かって行くようになったのです。
それが全て、この能力のせいだとは思いませんが、
少なくとも、あまりに頻繁に「見えない世界」とアクセスすることにより、
求めていない霊までが私とコンタクトしてしまうようになり、
彼らの背負っているものに私が影響を受けてしまったのでしょう。

例えばピアニストとしてホテルのラウンジで仕事をしていた時のこと・・・
休憩時間にVIPルームで休んでいると、部屋の隅に白っぽい影が浮かび上がりました。
「あっ、ヤバイな」と思ったのですが、やはりこの霊は私に憑いてきてしまい、
一晩中首を絞められるような、大変な思いをしました。
自殺霊だ・・・と気付き、翌日、ホテルで聞きましたら、案の定・・・
VIPルームの真下の客室で、過去にそういう事件があったそうです。

厄落としのために某伝統宗教の本山を尋ね、祈祷をしてもらうことにしました。
案内された部屋ではすでに儀式が始まっていて、お坊さんが手に何かお札のようなものを持ち、
お経を唱えていました。
私は一心に祈りました。
儀式が終わるやいなや、その僧侶が青い顔で私の所に来て手の中の祈祷札を差し出しました。
見ると、まっぷたつに割れているではありませんか。
「このお札は今日おろしたばかりのものです。長く僧侶をしているが、こんなことは初めてだ」
と別室に案内され、私はそこで死霊に憑かれてしまったこと等を話しました。
するとその僧侶は、
「あなたには確実に霊能力がある。その使い方に気をつけなくてはならない」
と言いました。
モノが壊れたり、移動したりは時々起こっていたことなので、
私にしてみれば「またか」だったのですが・・・

またある時は精神科を受診しました。
そこでも医師は私の話を丹念に聞いてくれ、
「あなたは精神病などの病気ではない。世の中にはまだ科学では解明されていないことがある。
霊現象などもその1つだ。むしろ宗教家などの方に相談に行かれてはどうか」
とアドバイスしてくれたのです。

言うなればその道のプロの方々のお墨付きを頂いたようなものですが、
当の本人である私は、自分自身を「見えないモノ」から守れないわけです。
私はこの能力を封印することに決めました。

心理学


もう他人のためにはこの能力は使わない。
そう決めた背景には、私自身、この能力は
「単なる思いこみに過ぎないのではないか」とも感じていたからです。
つまり脳が作り出した幻影です。
高校時代からヒッピームーブメントの末裔の影響で、
比較的初期からニューサイエンスの書物にも触れていた私でしたが、
きちんと大学で勉強してみよう・・・と、心理学専攻で再度大学に進学することにしました。

大学生活は楽しく、持ち前のリーダーシップで「心理テスト研究会」の会長も引き受け、
ほとんど全ての心理テストを扱えるようになりました。
心理学者のユングにも実は霊能力があったと知り、非常に親近感を覚えました。
時代はトランスパーソナル心理学の黎明期と重なっていたため、
いち早くこれらの情報にも当たることが出来ました。

しかし、今ひとつ納得出来ない・・・
自分の体験してきたことを、明確に解明してくれる理論はないのだろうか・・・
卒業した後も他大学に3年次編入して、哲学や宗教学を学び続けました。
心理学はさらに大学院にも進んで勉強しました。
しかし心理セラピストとして活動出来る資格も得ていながら、
どうしてもその道に進むことがためらわれました。
なぜなら・・・心理学だけでは私の経験して来たこと、
見えるモノ、聞こえるモノを解釈出来ないからです。

そんな中で、私は一人「コンタクト」の精度を高める実践をしていました。
コンタクトの際に、これは良い霊か悪い霊か、実感でわかるようになりました。

30代の頃は10年くらいかけて、様々な修行法を学びました。
修行の過程で幽体離脱も体験し、
チベット死者の書で語られているような光の体験が本当だと感じました。
しかし指導してくださった先達は素晴らしい方で、
けして超能力を得たように勘違いして
「教祖」のようになってならないと指導してくださいました。

次第に巷では「スピリチュアル」がブームになり始めていましたが、
私は安易に近づこうとは思いませんでした。
なぜならその危険性を十分理解していたからです。

フレームドラム


晴天の霹靂とはこのようなことを言うのでしょうか。
フレームドラムに出会った時の驚きを、とても言葉では言い表せません。
「ワタシハ コノ楽器ヲ ヤラナクテハナラナイ」
瞬時にそう思いました。
私はずっとミュージシャンとして活動してCDも発表していましたので、
すぐにフレームドラムを使ってCDを制作したのです。
そして何とアメリカ人でフレームドラムの神様と言われ、グラミー賞を4回も受賞している
グレン・ベレズ氏にそのCDを送りました。
この業界の常で、おそらく何の連絡もないだろう・・・と思っていたのですが、
何と氏からすぐにメールが届き、
「今度日本に行くので、レッスンしてあげよう」というお言葉を頂きました!
それ以来、私はグレンのスチューデント(生徒)です。
アメリカにも渡りレッスンを受け、さらにいろいろなフレームドラマーにも教えを受け、
日本フレームドラム協会も立ち上げました。
まさにフレームドラムが私の人生の転機となったのです。

いや、それだけではありませんでした。
フレームドラムの歴史を調べているうちに、
この楽器は古代では女性神官が儀式や治療で使っていたという記述に出会ったのです。
「これは宿命の出会いなんだ」・・・・
私は直感しました。
フレームドラムが私を選んで舞い降りてきたのだ・・・と思いました。

とは言え、ミュージシャンですからやはりテクニックの習得や音楽的なことには相当こだわります。
しかし演奏面での研究や練習はもちろんのことながら、
密かにシャーマンドラムとして伝わるフレームドラムの研究も開始しました。
その中でチェロキー族(ネイティブアメリカン)のシャーマンに会い、セッションを受け、
私は太古の昔からフレームドラムを演奏していた巫女だったと言われました。
過去世は自分でも見えていたので、やっぱりそうかと思いましたが、
他の人も同じ過去を見るのだという事実が、私の心を揺さぶりました。

さて、ご存じのようにアメリカはスピリチュアル文化の発祥の地であり、
現在でも最先端をリードしています。
あろうことかお会いしたシャーマンが、
「シータ・ヒーリングってとても良いわよ。日本でも団体があるみたい。受けてみれば?」
と、聞き慣れない言葉を発しました。

そしてセラピストへ


最初はあまり気乗りがしませんでした。
しかしお世話になったシャーマンがせっかく薦めてくれたのだから、
一度行って「受けてきましたよ」という報告ぐらいはするのが礼儀だろうと思い、
12/22、冬至の日から始まる基礎セミナーに申し込みました。

実際受けてみて、驚いた・・・の一言でした。
何でもっと早く出会わなかったのだろう!!!

創始者ヴィアナ・スタイバル氏が開発したこの方法は、
まさに今まで私がさんざん苦しみながら模索し、切り開いてきた道と同じだったのです。
彼女が説いていることは、全て私の経験に当てはまりました。

驚きと感謝のうちに年は暮れ、新しい年が始まりました。
私はフレームドラムに出会った時のように、自分の人生が転換点を迎えたことを感じました。
何か新しいことへシフトしていく・・・そんな印象を確信に近い気持ちで持っていました。

そんなある日、セミナー講師の大久保恵氏から「セラピストになりませんか」というお誘いを受けました。
これまでセラピストとして公認の資格を持っていても、絶対にセラピー活動はしてこなかった私です。
確かにシータ・ヒーリングは私の今までの経験に当てはまり、納得の行く方法だ。
しかしその道でプロとなるには、やはりきちんとした研修を受け、指導者を得たい。

なぜなら心理学ではセラピストになる時に「教育分析」と言って、自分自身を知るためのセラピーを受け、
さらに指導教官をスーパーバイザーとして、実習、研修を重ねます。
心を扱う世界ですから、セラピスト自身が自分を知ることは何より重要なのです。
そのシステムを知っているため、セミナーを受けたら誰でもなれるような
安易なセラピストにはなりたくなった。
そこで私は大久保氏に、スーパーバイザーになって欲しい、しっかり研修をして欲しいと申し出ました。
すると氏は快く引き受けてくださったのです。

私は大久保氏のスーパービジョンを受け、アメリカに渡りインストラクターの資格も取り、
シータヒーリングのインストラクターになりました。
シータヒーリング界で、こういう経緯のある人はとても珍しいと思います。

しかし私はシータヒーリングは認めるけれど、どうしてもシータヒーリングを始めとした
スピリチュアルに群がる人達には馴染めませんでした。
中には単なる自分の思い込みを創造主から受け取った言葉として話す人や、
私が一番怖れる自己肥大に陥り、自分こそが正しいと思って次第に教祖化して行く人・・・
そんな人を沢山見たり、日本での普及のさせ方がビジネスになってしまったことに失望し、
私はシータヒーリングから離れることを決意しました。




そして2015年より、丸の内線「新宿御苑前」にサロンを戻し、
新宿御苑の気を存分に受けながら、
私が今まで学んできたことを皆様に還元するセッションやセミナーを開始しました。

私は自分の役割をアカデミックな心理学とスピリチュアルの架け橋だと思っています。
「何か怪しい」・・・と思われがちなスピリチュアル業界ですが、
私は天使がどうしたとか、ハイアーセルフが・・・云々のフワフワしたスピリチュアルではなく、
心理学に基づき、さらに哲学や宗教学、ニューサイエンスの領域を含んだ
意識の変容という意味でのスピリチュアルを目指したいと思います。

私の方向性に共感してくださる方と、ぜひご縁をつながせていただきたいと思いますし、
そうして集まってくださった方々をマッチングという形でつないで行くのも、
私のお役目だと思っています。

ここまで読んでくださった方々、長い長い文章におつきあいいただき、ありがとうございました。
お会い出来る日を楽しみにしております。

一人でできるメンタルトレーニング

製品名

ヒプノ・ミュージックチャンネル

聞くだけでメンタルに働きかけるミラクル暗示セラピーのYouTubeチャンネル。

製品名

CD購入者専用サイト

ドラムジャーニー「パワーアニマルの癒し」CDの使い方の解説はこちら。

製品名

今日の気づきの言葉

インディアンの長老の珠玉の言葉から人生とは何かを知る無料メールマガジン。

製品名

新宿御苑散歩

サロンから250歩で行ける都会のオアシス新宿御苑でまったりタイムを。


↑ PAGE TOP