Next Sense Inc.

mail@nextsense.jp心理セラピストによる安心・安全なスピリチュアルセッション

フレームドラムとは


フレームドラムとはメソポタミアの時代から続く、世界最古の片面太鼓の総称です。皆さんご存じのタンバリンもこの仲間。
古代では女性神官によって儀式や治療に用いられていたと言います。
そのためか世界各地に分布するこの楽器は、演奏のみならずシャーマンドラムのようにスピリチュアルな用途で用いられるものが多いです。
日本ではアイヌのカチョ(アイヌのシャーマンが用いた)、沖縄のパーランク(エイサー祭りで使われる)の他、 ご存じ「うちわ太鼓」もこのフレームドラムの仲間です。
ネイティブアメリカンのシャーマンドラムを始め、各地のシャーマニズムやスーフィズムなどでも用いられています。

トラディショナルな楽器としては、アイルランドのバウラン、中東のリク、ブラジルのパンデイロ、イタリアのタンブレロ、北アフリカのタール、 中央アジアのドイラ、ガベル、イランのダフ、インドのカンジーラ等々、世界中で使われていますが、 現在、アメリカのグレン・ベレズ氏(私の先生!)によって再復興されたこの楽器は、ソロも出来るコンテンポラリーな楽器としても、 脚光を浴びています。
何よりその倍音を豊かに含む音色は、一度聴いたら忘れられないもの。
トランシーなその効果は、女性フレームドラマー、レイン・レッドモンドさん曰く「人生をどんどん変えてしまう」ような力を持っています。
フレームドラムを叩くことによって、脳波がシータ波状態になることを、古代人は知っていたのでしょう。

さらに詳しい説明は日本フレームドラム協会サイト

フレームドラムにかける私の思い


フレームドラムを求めて世界を歩いて思ったことは、本当にこの楽器に集う人たちは平和で優しい人たちだということ。
私は今でもイタリアのアンドレア・ピッチオーニ氏とNAFDA(北アメリカフレームドラム協会)主催のイベントで、宿泊先の教会の庭を散歩しながら語り合ったことが忘れられません。

フレームドラムは世界中に分布している楽器だ。僕たちがその楽器を通じてつながれば世界は1つになれると思うんだ!

静寂の中で何か祈りに似た暖かいものが流れていったのを覚えています。

太古の昔、女性神官が儀式や治療に使い、人を癒し変容させてきたフレームドラム。
人を癒すということは、人を思いやるということ。
その愛の心が世界中に広がれば、きっと世界は平和で住みよいところになるでしょう。


私は私のチャレンジとして、この楽器を演奏だけではなく癒しのツールとして蘇らせたいと思います。
そのうちの1つが「ドラムジャーニー」。
ネイティブアメリカンの伝統と現代催眠療法、そして音楽療法を融合させ、心理学で言うところの「無条件のプラスストローク(愛)」を自発的に求められるものとして、 メンタルケアに役立てたいと思っています。
そしてもう1つが「認知症予防」。
超高齢化社会を迎え、65才で15%、85才でなんと33%もの人が認知症になると言われています。
指を使って奏でるというスタイルは、まさに認知症予防に最適!
これらは音楽家でありながら心理セラピストでもある私の、お役目なのではないか・・・と考えています。

ぜひ古代の癒しの叡智を蘇らせ、太古の昔と同様に現代の人々を癒すツールとしてフレームドラムを活用させたい、広めて行きたい!・・・それが私の夢です。

一人でできるメンタルトレーニング

製品名

ヒプノ・ミュージックチャンネル

聞くだけでメンタルに働きかけるミラクル暗示セラピーのYouTubeチャンネル。

製品名

CD購入者専用サイト

ドラムジャーニー「パワーアニマルの癒し」CDの使い方の解説はこちら。

製品名

今日の気づきの言葉

インディアンの長老の珠玉の言葉から人生とは何かを知る無料メールマガジン。

製品名

新宿御苑散歩

サロンから250歩で行ける都会のオアシス新宿御苑でまったりタイムを。


↑ PAGE TOP